スポンサードリンク
老人 高齢者 年寄り 老いることも色々な言い方があります。医療 介護 保健 福祉 施設 などの情報を知り、定年退職後の第二の人生に田舎暮らしを選んだり ギター ピアノなど趣味を楽しんでときめきのある老いを生きましょう。

2009年07月30日

田舎暮らし 仕事を探そう

田舎暮らしを始めるには、田舎で仕事を探す必要があります。定年退職後に退職金や年金で悠々自適に生活ができるのなら良いでしょうが、そうでなければ働かなければ生計が成り立ちません。
しかし、田舎へ定住を希望して、引越してから仕事を探すというのは思った以上に大変なことです。越した田舎の状況や生活スタイル、さらには自分の体力や年齢なども考えなくてはいけません。

都会と違って田舎では仕事は少なく、収入も都会ほど期待するわけにはいきません。田舎で仕事を探すには、自治体によっては仕事を修得するための研修制度や支援体制がありますし、さまざまな講習の講師や地域活動の委員を募集することもあります。また地元の「ハローワーク」や、「シルバー人材センター」に登録して探す方法もあります。

せっかく、新しい場所で生活を始めるのですから、一番は好きなこと、やりたいことに繋がりそうなヒントを見つけ、自分から飛び込んで挑戦してみるのも良いかもしれません。たとえば、農業、酪農、漁業などでしたら農業大学校、組合などの研修も多数あり職に就くこともできます。田舎は車社会といわれますが、車を持っていないお年寄りなども多数暮らしているため、公共のバス・電車などは都会に比べると格段に本数が少なく、タクシーの需要が以外にも多いのでタクシーの運転手もありでしょう。

インターネットが普及した今では、ホームページデザイナー、CGデザイナー、プログラマーなどはもちろん、自家製の無農薬有機野菜や田舎ならではの特産品を取り扱うインターネットショップの運営など、インターネット上でのビジネスに無限の可能性がひそんでいます。他にもペンション経営や、観光客相手にインストラクターをするだけではなく、都会で培った経験・人脈を生かしてショップ経営をしている方もいます。

田舎のレストランや食堂などで働きながら、地元の食材や郷土料理を覚えて、自然食レストランなど自前の店を開くこともできるでしょう。また病院や福祉施設などは人員不足の状態なので、資格を持っていれば職に就くには有利でしょう。田舎暮らしでもお金はかかりますから、田舎に引越す前にまずは収入源を確保する方法を考えましょう。



スポンサードリンク
posted by 老い楽 at 12:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
レクリエーション スポーツ 娯楽 など老いてからの生きがいを探し、寝たきりにならないよう心がけましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。