スポンサードリンク
老人 高齢者 年寄り 老いることも色々な言い方があります。医療 介護 保健 福祉 施設 などの情報を知り、定年退職後の第二の人生に田舎暮らしを選んだり ギター ピアノなど趣味を楽しんでときめきのある老いを生きましょう。

2009年07月26日

フォークギターの習い方

大人になって、習い事を始める人が年々増加傾向にあります。大人の「習い事」といっても、体によいとされるスポーツやヨガなどの他、陶芸、ダンス、英会話、などさまざまです。中でも音楽教室は人気が高く、生徒の年齢や職業も幅広く、OLやサラリーマン、主婦や定年退職した方など多くの人が習っています。楽器や歌を以前から習っていた経験のある方ばかりではなく、初心者もたくさんいるそうです。きっかけは「昔からやってみたかった」「あこがれ、夢だった」「ストレス解消やリフレッシュに」さらには「自分探し、自己実現に音楽を」という人も多いようです。また、「コブクロ」や「ゆず」などの人気もあげられます。

最近では聴く音楽も多様化していて、特殊な楽器を使う「民俗音楽」などを習いたいという、ニーズも高くなってきているようです。古来の楽器による新しい音楽のヒットや、ビジュアル系奏者によるクラシックのヒットなどが、音楽のすそ野を広げ、「自分もやってみたい」という人が増えてきたようです。音楽教室に通うとなると、まず「楽器を用意しなくては」と、気になるかもしれませんね。今は、ほとんどの教室で、生徒さんのレッスン用楽器が用意されているそうです。

大人の習い事では、フォークギターに人気があります。主流は40代から50代の方、ニューミュージック世代といわれる方々です。吉田拓郎、かぐや姫、さだまさし、長渕剛、浜田省吾など、70〜80年代に中学から大学生だった青春時代を思い出し、流行った曲を自分で弾き語りをしたい、というものです。しかし、フォークギターを始めてみようと思うほとんどの方が、最初の1ヶ月であきらめてしまうことが多いようです。いきなり曲を弾こうとしたり、コード練習が中途半端だったり、理想を求めて難しい曲で練習することなどが原因のようです。

フォークギターを習うのに通信教育を利用する人もいます。初心者の方が一番早くフォークギターをマスターできる方法は、ギター経験者にマンツーマンで直接教えてもらうことで、目と耳と体で習得できるため非常に効率的です。フォークギター教室では生徒さんの要望に沿い、好きな曲のコードを覚えるレッスン内容となっているようです。ニューミュージック世代の曲は、初心者向きの曲も多いので、好きな曲を弾くために楽しみながら練習できますね。




スポンサードリンク
posted by 老い楽 at 11:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
レクリエーション スポーツ 娯楽 など老いてからの生きがいを探し、寝たきりにならないよう心がけましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。