スポンサードリンク
老人 高齢者 年寄り 老いることも色々な言い方があります。医療 介護 保健 福祉 施設 などの情報を知り、定年退職後の第二の人生に田舎暮らしを選んだり ギター ピアノなど趣味を楽しんでときめきのある老いを生きましょう。

2009年07月22日

田舎暮らしをするための不動産の探し方

定年退職後の人生をどう生きるか。まだまだ働きたい人もいるでしょうし、ゆっくり老後を送りたいと思っている人もいるでしょう。そして、第二の自分の人生のスタートを切ろうとしている人もいるでしょう。団塊の世代の方々の定年退職が始まり、UターンやIターンなど新たに田舎暮らしを始められる方も増えています。何不自由のない都会の暮らしから離れて、物理的には不便でも、のんびりと静かな所で暮らしたいと、田舎暮らしやスローライフを求める人が増えているのです。団塊の世代だけでなく、若い夫婦、外国の方にも人気となっています。

海が見える所で暮らしたい、自給自足ができる土地が広いところがいい、森や渓谷など自然を満喫しながら生活したいと、憧れの生活の条件は人それぞれです。しかし、いちがいに「田舎に住みたい」と思っても、どうやって場所を見つければよいか分からない人もいると思います。「田舎物件」や「田舎不動産」という名称で取扱っているところはありませんが、地方の行政や商工課などが運営する全国各地のふるさと情報館などを利用して情報を得ることができます。

地方の市町村では、荒廃農地の有効利用や地域を活性化するために、移住者の受け入れや自治体が分譲する不動産の斡旋など、田舎暮らしを支援するところも増えています。また、インターネットでは全国の土地や古民家の物件、場所、土地の広さ、価格、中にはリゾート地の別荘や土地の紹介から土地付古民家の売り出し情報などまで調べることができます。田舎暮らし専門の不動産業者や田舎暮らしの専門雑誌などにも情報があります。

物件を選ぶ際には、自分がそこで何をしたいか、どのような暮らしをたいのかが大切になります。目的をハッキリさせることで、候補地を絞ることができると思います。実際に田舎暮らしをするとなると、手に入れた物件が古民家だったら、手を加えないと、そのまますぐに居住できない可能性もあります。生活インフラの都会との違い、暑い時期、寒い時期の様子など、数回は現地の下見をして知る必要があります。田舎暮らしとは、あくまでも「暮らし」を続けるわけですから、仕事の問題や田舎ならではの土地の人との交流など、都会と大きく異なる点にも注意が必要です。田舎暮らしには田舎なりの苦労がありますし、自然にはそれだけの厳しさがあります。憧れだけでは、田舎暮らしを成功させることは難しいということです。




スポンサードリンク
posted by 老い楽 at 15:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
レクリエーション スポーツ 娯楽 など老いてからの生きがいを探し、寝たきりにならないよう心がけましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。