スポンサードリンク
老人 高齢者 年寄り 老いることも色々な言い方があります。医療 介護 保健 福祉 施設 などの情報を知り、定年退職後の第二の人生に田舎暮らしを選んだり ギター ピアノなど趣味を楽しんでときめきのある老いを生きましょう。

2009年06月15日

音符の読み方 覚えましょう

最近、アラ還という言葉が、良く聞かれるようになりました。アラ還とは、アラサーなどと同じように使われていて、60歳前後の人たちを指す言葉です。いわゆる団塊の世代ですよね。一般の人たちからの応募を元に作った映画、「60歳のラブレター」も話題になっています。団塊の世代、まだまだこれからってことですよね。

音楽も、井上陽水など青春時代のフォークが再ブームとなっていることもあり、再び昔を思い出してギターを手にした人も多いようです。でも、何年もお蔵入りしていた楽器を再び弾こうとしても、なかなか昔のようにはいかない人もいるのではないでしょうか。また、昔は何もしていなかったけれど、挑戦してみたいなと思っている人もおられるのでは? 楽器を使い、曲を弾く時は「楽譜」を読むことが基礎となります。そして譜読みの基礎といえば、まず「音符」をおぼえることです。決して音符や楽譜をおぼえなければ、楽器を弾くことができない、というわけでもありません。ただ曲全体を通して演奏する場合にガタついたり、まとまりがなくなってしまうことから、音符をおぼえる必要があります。

楽譜を読むときは、音符を見て「階名を考える」のではなく、音符を見て「弾ける」ようにならなくてはなりません。「知識として音符を覚える」ではなく、「演奏用に音符を覚える」という意識が大切になってきます。たとえば、最初から通してなら弾けるのに、「曲の途中から」では弾けないという現象は、毎日楽譜を見ながら練習していたはずなのに、実際は音符を「見て」いるだけで、「読んで」はいなかった、ということなのです。

どの楽器も「演奏」するために曲を覚え、曲を弾くために楽譜を読むわけです。最初に覚える音符は、演奏に直結した右脳的な読み方、視覚的なイメージ付けをするとよいといわれています。たとえばピアノであれば、五線譜の上で「ド」の音符を覚えるよりも、「鍵盤のドの位置」を覚える、といった訓練法が、曲を奏でる上で、「音符を見る」のではなく、「音符を読む」ということになります。音楽も独学で覚え、楽しむ方法もありますが、どちらにせよ、1つの曲を演奏できるようになると喜びと達成感も味わえることになるわけです。ひとつ、青春時代の思い出の歌に挑戦してみるのも、楽しのではないですか。




スポンサードリンク
posted by 老い楽 at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
レクリエーション スポーツ 娯楽 など老いてからの生きがいを探し、寝たきりにならないよう心がけましょう。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。